交通事故被害に遭った場合の弁護士の役割

交通事故の被害にあった場合慰謝料の請求は非常に重要な問題です。

特に後遺症が残ってしまう場合には慰謝料をいくらもらえるかによってその後の生活も大いに変化してくることでしょう。

しかしながら慰謝料を支払う相手側の保険会社はできる限り慰謝料を少ない金額で抑えようとしてきます。

知識がなければ被害者側が損をしてしまうようなケースも少なくないのです。そこで役に立つのが弁護士を利用することです。

弁護士と言うと非常に高い相談料というイメージがあるかもしれませんが、もしも自分の保険に弁護士特約というものがついていれば実質無料で弁護士に相談することも出来ますし、慰謝料の中にそうした費用も含めるということも可能となってくるでしょう。

そして弁護士に依頼することによって相手の保険会社の言いなりになり少ない賠償金で泣き寝入りしなければならないということを避けることができるのです。交通事故に関する慰謝料を受け取るため弁護士が行う仕事は多岐にわたります。

その中でも非常に重要な仕事の一つに後遺障害の認定の申請を行うということが挙げられます。後遺障害とは交通事故による障害が回復の見込みがなく今後もずっと後遺症が残るということを認定してもらうための制度です。参考サイト>>交通事故後遺症

自賠責保険の場合この等級によって賠償金が変わってきます。民間の保険会社もこの等級によって妥当な慰謝料というものを算出していますので非常に重要なプロセスと言えるのです。

どんな弁護士を選ぶか